決算説明会に行ってきました

夏の記帳説明会に続き、税務署の決算説明会が行われました。

白色申告と青色申告の場合で時間帯がわけられており、私は青色申告の決算説明会に参加です。

税務署から封書が届きましたが、今回は記帳説明会の時に話を聞いていたので怯えずに開封できましたよ(笑)

いよいよ確定申告の最終準備の段階に突入します。

決算を行う個人事業主みんなの役に立つ(気がする)内容

私は開業した初めての決算なので二つ返事で参加しましたが、事業内容が変わったりいつもと違う取引があった場合は参加しておいて損は無さそうな内容でした。

主な内容としては

  • 青色申告のメリット
  • 青色申告の控除の違い
  • 減価償却について(費用の算出方法、決算書の記入方法など)
  • 経費計上の可否
  • 軽減税率の概要・帳簿付けの方法
  • 個別質疑応答
  • e-Taxの概要・メリットなど

といった感じで、前回の記帳説明会の内容に一歩踏み込んだ内容となっていました。

事業所得と不動産所得の方が合同で行われるため、片方しかしていない方だと不要な情報もありますが、それはそれでためになります。

時間の殆どが減価償却についての解説だった印象でした。

算出方法の解説が詳しく書かれた冊子などがもらえるので、減価償却費用がある方は一度は参加しておくと良さそうです。

e-TaxのIDとパスワード発行の申請がその場で完了

私が参加して一番メリットに感じたのが、e-TaxのIDとパスワードの申し込みがその場で完了する事です。

e-Taxを利用する準備を何もしていない方は絶対にこの機会に手続きをしておくことをオススメします!

なぜなら自分で準備するのが面倒くさいからです…

e-TaxのWEBページの説明をいろいろ読んでひとつずつやっていると結構手間がかかるので、税務署の職員さんと対面で本人確認をして説明を受けながら申請できる決算説明会はチャンスです。

今回は機材トラブルで書面での申込みを行いましたが、普段は設定済みのPCから申し込むようです。体験していないので、詳細が説明できません。無念。

なお、平成31年1月からはe-Tax手続きの簡略化が行われるようです。

【現行】e-Taxの確定申告に必要な物

  • マイナンバーカード
  • ICカードリーダー
  • e-Tax ID/パスワード
【H31.1~】マイナンバーカード方式

  • マイナンバーカード
  • ICカードリーダー
【H31.1~】パスワード方式

  • e-Tax ID/パスワード

今後はe-TaxのIDとパスワードさえ作っておけば、マイナンバーカードも不要で確定申告が可能とのこと。

スマホからも行えるらしいので、利便性はUPしそうですね。

私は既にマイナンバーカードもICカードリーダーも持っているのですが、せっかくなのでIDとパスワードを作成しておきました。

ちなみにパスワード方式によるログインは平成31年1月以降に利用可能になるようで、既にIDとパスワードをお持ちの方でも平成30年12月現時点ではパスワード方式によるログインはできません。

最新の決算情報を知るなら参加すべきかも

……というように、これからの確定申告に便利なことなどの情報も入手できるので、決算説明会に参加しても損は無いかも知れません。

特に平成31年は軽減税率なども導入されるなど、帳簿付けや決算の内容に不安が残る方もいるのではないでしょうか。

飲食物を取り扱う事業主の方は悩みを相談できる良い機会になると思います。

今回の決算説明会でも数年後の構想をお話されていたり、結構先の事も『あくまでも予定』としてお話してくれました。

ランキング参加中

ランキングに参加しています

よかったら1日1クリックしてくださると嬉しいです!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る