新規事業者向け 記帳説明会に行ってきました

私が開業届を提出したのは2018年1月。確定申告などの帳簿や税金にまつわる公的なやりとりは一度もしたことがありません。

先日、居住地の税務署から封筒が届き(怖かった)、開封すると『新規事業者向けの記帳説明会のご案内』だったので、一安心(笑)

ということで、税務署と青色申告会による『新規事業者向け 記帳説明会』に参加してきました。

内容はほぼ初心者向け

平日に2時間程度の予定、参加費は無料です。税務署ではなく青色申告会館で行いました。

国税庁の資料が配られるので、おそらく全国的に実施しているはず。

記帳説明会の内容としては

  • 白色申告の場合の帳簿の付け方
  • 青色申告で受けられる特典
  • 消費税・減価償却について
  • 軽減税率についての簡単な概要
  • 個別質疑応答

という感じです。

独学で勉強している方だと知っていることばかりかも知れません。

私も開業にあたり帳簿の付け方などインターネットで調べ尽くしたのですが、その程度の知識があればほぼ全てに於いて一度は知識として得ているはずの内容です。

講習担当者さんがお話上手な方で、自分の知識の正誤を振り返る意味でもとても有意義な時間になりました。

特に一番ためになったのは最後の個別質疑応答です。

事前に確認したかった質問をリストで用意していきましたが、すべての質問に丁寧に答えていただきました。

例えば私の場合は「クライアントが海外在住(永住)」といった特殊な事情があったため不安も多かったのですが、税理士さんにはっきりと「今の帳簿付で大丈夫」と仰っていただけたので肩の荷が下りる思いです。

しかも挙手制などではなく、マンツーマンの神対応。

私が参加したときは参加者が少なかったのか、受講者に対して識者が同数程度いたため、完全に個別指導状態でした。

せっかくなので「青色65万円控除を受けるには、経費はどこまで細かく帳簿付けすれば良いの?」といった細かいことや、「会計ソフトの課税形式はどうすればいいの?」といった基礎的なことまで疑問をすべてぶつけてみましたが、全部丁寧に解説していただけました!

もし参加を迷っている方がいるのであれば、参加をオススメします。

独学でも自信がある方なら不要なことばかりでしたが、逆に「独学だから不安」と感じてしまっている方は、確認の意味でも受講してみてはいかがでしょうか。

なんといっても無料ですから(笑)

青色申告会加入で更に手厚いサービス

実際の所、この説明会には初心者向け講習と兼ねて青色申告会の会員勧誘という側面があります。

自力でいろいろ限界を感じたら青色申告会に加入することで多くのサービスが受けられますよ~という説明も受けました。

対面による個別指導や会計ソフトの使い方、青色申告会主催の帳簿の付け方講習会や、簿記講習などなど…

会費(自治体によって異なります、月額数千円程度)さえ支払っていれば、受講やソフトの貸出は無料だそうです。

現時点ではあまり魅力を感じませんでしたが、自力でやりきることに不安を覚えるようになってきたら便利なサービスだと思います。

既に自力でやることに挫折しそうなら青色申告会を知るためにも参加してみると良いかも知れません。

年末は決算説明会がある

今回は『帳簿のつけかた』の説明会でしたが、年末には決算書についての説明会があるそうです。

もちろん私は参加予定です。

無料ですし、担当者さんも親身になって丁寧に対応していただいたので、正直良い思いしかしてません。

知ってる内容だからつまらない、実りがない、とすら感じませんでした。多分これは講習担当者さんがとてもお上手な方だったからかも知れませんが。

次回も同じ担当者さんであることを祈りつつ、年末の決算説明会を楽しみにしていたいと思います。

夏の記帳説明会に続き、税務署の決算説明会が行われました。 白色申告と青色申告の場合で時間帯がわけられており、...
ランキング参加中

ランキングに参加しています

よかったら1日1クリックしてくださると嬉しいです!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る